注目キーワード
  1. 京都
  2. ハピタス
  3. 楽天
  4. 札幌

【サウナー必見】「ベッセルイン千葉駅前」でサウナと朝食ビュッフェを味わう

東京駅から総武線の快速で35分、成田空港から特急で40分と、都心や空港からのアクセスが良い千葉駅。
成田線、総武本線、外房線、内房線と房総半島各地へのアクセスの起点になっているほか、千葉都市モノレールを活用すれば千葉市動物公園など千葉市内の自然豊かなエリアをはじめとする各観光スポットへのアクセスも便利な場所です。

遅くまで空いている飲食店やコンビニ、ドラッグストアも充実しているため、都心からのアクセスも含めて成田空港の早朝出発や深夜到着の前後の宿泊にもおすすめです。それだけいい立地にあるので、観光や出張での宿泊客が多く、ビジネスホテルが乱立している激戦区になっています。

この記事では、私が宿泊した千葉駅周辺ビジネスホテルの中で最もおすすめしたいベッセルイン千葉駅前をご紹介します。
清潔なのは当たり前、お風呂でゆったり疲れを癒して朝食が美味しい、そしてコスパがいい。
便利で快適、そして旅の高揚感を味わうホテルステイで、あなたの出張や旅行を充実したものにしてみませんか。

まずはおすすめのポイントをご紹介です。

<ベッセルイン千葉駅前のポイント>
・千葉駅近く
・コンビニすぐそば
・サウナ付き大浴場
・地元食材充実の朝食バイキング
・女性と子どもに優しい
・新しいキレイなホテル
・滞在可能時間が長い(14時IN〜11時OUT)
・長期滞在にもおすすめ

ベッセルインの最大の特徴といえば、「サウナ付き大浴場もビジネスホテルのレベルを超えたハイクオリティの朝食バイキングもある」ということです。
大浴場があるホテル自体が千葉駅周辺には少なく、千葉の地元の食材を味わえる朝食バイキングを提供しているホテルもわずかです。さらに、その両方が揃っているというホテルはほぼなく、その中で最も宿泊代金がリーズナブルなのがベッセルインです。
(サンルートの朝食も美味しいですし、スーパーホテルは無料朝食に温泉と充実していますが、総合的なコスパを考えるとベッセルインに軍配が上がると私は思います。ちなみに朝食も大浴場も不要で快適性と立地と安さ重視ならコージーホテルでしょう)

さらに、ビジネスホテルというとサラリーマンの一人客のイメージが強いですが、ベッセルインはオムツやお尻拭きなどのベビー用品の無料貸出があるなど、子どもやファミリーに優しいホテルでもあるんです。

私の滞在記を含めて順番に解説していきましょう。

概要と特徴

ベッセルイン千葉駅前は2019年3月1日に開業しました。
数十年に渡ってビジネス街として栄え、ビジネスホテルが多く立ち並ぶ千葉駅エリアの中では最新の部類に入ります。

<特徴>
・千葉市の中心部に立地
・千葉駅エリアでは新しいホテル
・広めで大きめデスクがある客室
・マイナスイオンドライヤーと加湿空気清浄機
・朝食バイキング
・サウナ付き大浴場
・ウェルカムドリンク
・女性と子どもに優しいホテル

立地は多くの銀行やオフィスビルなどが並ぶ千葉駅前大通りから路地を少し入った場所にあり、飲食店やオフィスそして駅とのアクセスのバランスがいい場所といえます。

ロビーには近年ビジネスホテル業界で増加している、アメニティーバーを設置しており、客室のアメニティは最小限にしています。
また、ウェルカムドリンクとしてコーヒーやジュース、お茶の無料サービスが23時まで行われています。
フロント横のドリンクマシンからセルフで持っていくスタイルです。

ベッセルインはファミリーに優しいホテルでもあります。
18歳以下は添い寝無料であり、オムツやおしり拭き等のベビー・キッズ用品の無料貸出も行っています。
お子様の利用のしやすさはこの1Fの多目的トイレに入ってみて実感しました。

写真には入っていませんが、撮影した私の背後にはベビーベッドが設置されています。
他にも低めの洗面台やキャラクターもののゴミ箱もあり、お子様が親しみやすい空間です。
便座の後ろに置かれているアロマの香りがとても優しく、ホッと一息つける場所になっています。

チェックアウトは、朝になるとロビーに設置される箱にルームキーを入れるだけなので手続き要らずでフロントに並ぶことなくスムーズにラクラクと出発できます。

楽天トラベル

ベッセルイン千葉駅前|サウナ付大浴場(千葉・京成千葉・幕張)の設備・アメニティ情報: 総部屋数170室。館内設備: 大浴…

女性に優しい清潔なお部屋

お部屋に入るとまず、高級感もある落ち着いたデザインで安心感を得られます。
入った瞬間からキレイ、清潔と感じられることでしょう。

お部屋にはスタンダードにコンフォートという2段階のシングルルーム、スタジオにスタンダートとスーペリアという3段階のツインルーム、トリプルルームとユニバーサルツインという全部で7種類の客室タイプがあります。

私が宿泊したのはスタンダードシングルという最も安価なお部屋でした。
以下の写真は全てそのスタンダードシングルのものです。

置いてあるスリッパも使い捨てのペラペラなものやムレが気になる革調のものではなく、柔らかくて通気性のいい素材でとても快適かつ清潔です。

室内にはシモンズ製のポケットコイルベッドを全室に設置しています。
このベッドの下に荷物を収納することができます。

枕元コンセントもバッチリです。
コンセントとUSBの両方が利用できます。

ベッドの前にはテレビがあります。
テレビ横にもスマホ等を充電するためのコンセントが設置されており、コンセント下の板は手前に開くようになっています。
ここにスマホやタブレットを置いて充電することも可能です。

画面にも映っていますがVODが無料で見放題です。
映画などのコンテンツを無料で、お部屋の中でゆっくり楽しむことができます。
VODは通常1,000円程度の追加料金を支払わなければ視聴できないホテルが多いので、映画好きにはたまらないサービスですね。

広めのデスク周辺には、冷蔵庫、電気ケトル、メモ用紙、鏡、ティッシュに時計、アクセサリー入れと一通り揃っています。
加湿機能付き空気清浄機、マイナスイオンドライヤーを全室に完備しており、ここが女性に優しいサービスと言えるのではないでしょうか。
電源コンセントも複数あり、有線LANの接続もできるなど、ビジネスマンにもありがたい設備が整っています。

入口横には長めのハンガーラックがあり、ハンガーも6本と多め。
これだけあれば長期滞在にも向いていますね。

さらに、こんなマッサージクッションまであります。

電源に差して右下の電源ボタンを押すと自動で動き出すので操作も簡単、説明書も置いてあります。

室内着は上下セパレートタイプで冬場も寒くなく、動きやすくて快適です。

ユニットバスは特別広いというわけではないですが、洗面台の上にモノを置くスペースがきちっとあります。
清掃が行き届いていてとても清潔でした。

 

チェックイン:14:00
チェックアウト:11:00
多くのホテルよりもチェックイン時間が1時間早く、チェックアウト時間が1時間遅いです。
このため、最大21時間もの長時間滞在が可能なのです。

チェックイン前、チェックアウト後に荷物を預けることも可能なので、旅行や出張の際にぜひ活用してください。

楽天トラベル

ベッセルイン千葉駅前|サウナ付大浴場(千葉・京成千葉・幕張)の設備・アメニティ情報: 総部屋数170室。館内設備: 大浴…

参考:https://www.vessel-hotel.jp/inn/chiba/room/

サウナ付き大浴場

ホテル3Fにはサウナ付き大浴場があります。女性大浴場にはミストサウナ完備です。
利用可能時間は6:00〜10:00、15:00〜1:00となっており、夜遅くまで開いていることに加え朝も入れるのが嬉しいですよね。

入ってみて驚いたのはロッカーの広さです。
奥行き、幅、高さのいずれもこれまでに使ったことのないレベルの大きさ。
タオルに着替え、スキンケア用品を入れてもまだ余裕があるくらいの大きさです。
カードキー紛失防止のためにドアの内側にカードキー入れがついているのも感動しました。

バスタオルに関してはお部屋からの持参が必要なのですが、フェイスタオルはこのように浴場の入口に置かれています。

浴場内は大きめの浴槽にサウナ、水風呂がちゃんとあります。
サウナ付きでも水風呂がないパターンもホテルもありますが、このホテルはちゃんと水風呂もついていますよ。
休憩用のイスもあります。

大浴場の向かいにはアイスやソフトドリンク、アルコール、牛乳などの自動販売機があり、

自動販売機の向かいには電子レンジに氷、コインランドリーがあります。
レンジで温めたものを食べるために、割り箸を置いてくれているのがありがたいです。
これでコンビニ等で買った食事をお部屋で食べる時にも安心です。

同じフロアにはビジネスホテルでは珍しいリラクゼーションスペースもあります。
お風呂で温まった後に受けるリラクゼーションは最高の癒しですね。

参考:https://www.vessel-hotel.jp/inn/chiba/bath/

千葉の味覚充実の朝食バイキング

朝食は2Fの朝食バイキング専用のラウンジでいただきます。
和食を中心に、健康的なメニューが並びます。
ビジネスホテルの朝食というと、ベーコン、ソーセージ、オムレツ…というようにシンプルなもの(料理というより食材が並んでいる感じ)というイメージをお持ちの方もいるかもしれません。
ベッセルインではサラダ、千葉の食材の代表として焼き魚やマグロ、しらすをはじめ、和食の体に優しいおかずが並んでいます。デザートまでしっかり充実です。

まずは和食のおかずから。
筑前煮にきんぴらごぼう、だし巻き卵に季節限定のたけのこ土佐煮と、一人暮らしをしているとなかなか食べられない食材を使ったお料理が並ぶのが個人的に嬉しかったです。
これらであれば幼児以上のお子様でも食べやすいのではないでしょうか。

そして、ベッセルイン千葉駅前の朝食の名物の1つが「あさ千葉ごはん」と題した、千葉県産食材たちです。
さば、ししゃも、さけといったお魚の塩焼きにネギ、エリンギといったお野菜ときのこまで焼きたてをいただくことができます。
朝から焼きたてのお魚を食べると、1日の強い活力になりますね。

さらに、千葉の郷土料理としてマグロやしらす、とろろを使ってご自身で作る「オリジナル千葉丼」を食べることもできます。
朝から魚づくしで、魚好きの私にとっては最高の朝食になりました。
朝はパンよりご飯派、洋食よりは和食派という人にとっては満足度の高い朝食になるはずです。
(もちろんパンも数種類置いてあって、その場でオーブンで焼いて食べられるので通常のビジネスホテルよりはクオリティ高いです)

デザートはフルーツにヨーグルト、グラノーラと季節限定のケーキ、おはぎでした。
私が宿泊したのは3月の初めでしたが、季節限定のケーキはブルーベリーをはじめとするベリー数種類を使ったものでした。

レストランのお席です。
基本的にはこのように2名掛けのテーブルが並び、壁に沿ってソファになっています。
コンセント付きのカウンター席もわずかですがありました。
隣の席との間隔もある程度保たれており、窮屈な感覚は一切ありませんでした。

これだけ充実した内容で大人1人あたり1,400円で食べられますので、コスパはものすごく良いと言えるでしょう。
6時からとかなり早い時間から開いているのもポイント高いです。
季節ごとにメニューが変わるため、リピートしても食事に飽きがこないはずですよ。

<朝食詳細>
会場:2Fラウンジ
時間:6:00〜9:30
形式:和洋ビュッフェ
料金:大人1,400円・小人(6〜12才)700円・5才以下無料
楽天トラベル

ベッセルイン千葉駅前|サウナ付大浴場(千葉・京成千葉・幕張)の設備・アメニティ情報: 総部屋数170室。館内設備: 大浴…

参考:https://www.vessel-hotel.jp/inn/chiba/breakfast/

アクセス・周辺環境

ベッセルインは千葉の中心部にあり、飲食店やコンビニなどが充実した場所にあるため、食事や旅行中の買い出しに困ることはないでしょう。
各線の千葉駅からも近いです。

「駅近・便利」がベッセルインの大きな特徴です。

<各駅からのアクセス>
JR千葉駅東口徒歩4分
千葉都市モノレール千葉駅徒歩4分
京成千葉駅徒歩5分

千葉駅は千葉県内各所へ路線が伸びており、成田や銚子、外房や内房へ続く路線の起点となっています。
東京方面へも総武線が通っており、東京からは50分以内でアクセスできます。
成田空港へも50分かかりません。

しかも、千葉駅周辺のビジネスホテルでは珍しく、普通車20台、ハイルーフ18台、合計38台を停めることができる駐車場があるんです。(1泊あたり1,500円)
千葉県内の観光は車を使った方が便利な場所が多々あるので、車と一緒に泊まれることもこのホテルをおすすめするポイントの1つになります。

周辺の観光スポットとしては千葉ポートタワーや千葉市動物公園へモノレールを活用してして行くことができます。
幕張メッセや千葉マリンスタジアムへも総武線の幕張本郷からバスを使うかモノレールで千葉みなと駅へ行き、京葉線で最寄りの海浜幕張駅へ行くことができます。
海浜幕張駅周辺にもホテルはありますが、どこも高級ホテルばかりで価格帯が異なります。

まとめ

ベッセルイン千葉駅前のまとめです。

<おすすめポイント>
☆コスパ最高☆
・新しくて清潔
・ウェルカムドリンク
・千葉グルメありの朝食ビュッフェ
・サウナ付きの大浴場
・女性に優しく快適な客室
・子どもに優しい設備が多い
・駅近で周辺も栄えている

千葉への出張や観光に、ぜひ一度利用してみてくださいね!

詳細と予約はこちらから↓

楽天トラベル

ベッセルイン千葉駅前|サウナ付大浴場(千葉・京成千葉・幕張)の設備・アメニティ情報: 総部屋数170室。館内設備: 大浴…

ビジネスホテルについてはこちらの記事も参考にしてください↓

関連記事

「自分に合ったお気に入りのビジネスホテルを見つけたい」 旅行や出張の度に、ホテル選びをするのは面倒ですよね。 「出張の時には毎回このホテルチェーンを使う!」と決まっていれば、ホテル選びに苦労しなくて済むのでとても楽になります。 だ[…]